オピニオン

「日本」御言葉の中に全ての神の約束があり、真理があります。

投稿者
web_news
投稿日
2020-07-15 22:59
閲覧数
171

栄光の主を誉め讃えます
私は、今年で牧会の道を歩んで27年目を迎えました。日々、神のご計画である恵みの中にあることを感謝しております。しかし、以前私には信仰生活をすることにおいて一つの疑問がありました。
『新しく神の国に生まれる』と言うことはイエス様が言われている本当の意味は何だろうかと、救われたと言いながら心が一新したと言う明確な物がなく、牧師と言う立場なのに闇が心の中に残っている感覚があると言うことが恥ずかしくって誰にも話すこともできず、信仰相談をする相手もいませんでした。苦しみと悩みがありました。そんな2年前聖徒の一人が『先生、私は罪があります。』と言いました。バプテスマを受けた時に罪の赦しを受けたはずだったのですが、聖霊も受けたはずだったのですが自分の中にある罪は自分自身を責めて闇の世界へと私を引っ張て行くのでした。もう限界まできていたある日グットニュース宣教会の牧師先生御夫妻が教会に導かれて来ました。『私たちは超教派の教会です。』と言葉を聞いたとたん、天国の門が開かれたように思いました。私の古い教えの中には『世の教会』の人たちは、偽りの物だから交わってはいけないと言う固定観念がありました。しかし天国はOO教団OO教会がなくて魂がキリストの御血によって聖められたキリストに属する者だけが入れる所だと思ってましたので、その時は、自分の正しさをおろして素直に耳を傾けてみたいと言う気持ちになりました。それから、光である神様は働きました。私の残っていた罪を全部根っここと掘り出して下さり、私と言うものは、悪100%で善をしたいと思っても善を成す力がない人だった事をはっきり悟って完全に罪から解放されて神の恵み100%で生きる事ができました。
ハレルヤ!! 何という幸いでしょうか。パク牧師先生が主より導かれて今、世界中の人たちがインターネットをとうして繋がっています。中でも牧師、伝道師、宣教師、教会指導者の立場の人たちが長年罪についての答えを探して、悩み、苦しみ、渇望、絶望していた事がわかり、アダムの子孫の魂の行先は皆同じであると言う証を聞いて、私だけではなかったと共感し、恵まれ力を受けました。
今の末の時代、教会がなぜ真理から離れていくのだろうか?サタンは罪に対して、真の神の義を学ばないように人々の心を鈍くして無感覚にしていきます。神がノアの心にも洪水が来て箱舟に入らない人は滅びると明確に神の裁きが来た人は福音を聞いて、神と共に生きることができます。
『死人が神の子の声を聞く時が来ます。今がその時です、それを聞く者は生きます。』ヨハネ 5:25
御言葉の中に全ての神の約束があり、真理があります。皆さんキリスト人として心を一つにしましょう。

ホーリー生命の木の教会 齋藤  眞井 2020年7月


齋藤眞井牧師(真ん中)