CLF ニュース

「ハイチ」 CLFを通して伝えられたみことばは、私の人生で一番大きなプレゼントでした!

投稿者
web_news
投稿日
2020-07-03 21:50
閲覧数
115
CLFオンラインワールドカンファレンス証特集

6月、CLFオンラインワールドカンファレンスが神の恵みの中で終えた。今回のCLFは「あなたは、帰る準備ができましたか?」というテーマで全世界のキリスト教指導者にみことばが伝えられた。多様な聖書のテーマで行われたアカデミーは、参加した牧師たちの霊的成長を助けるとともに、実質的な牧会のビジョンを提示した。

ハイチでもCLFのみことばがFacebookで中継され、52,843回線視聴、2,287回線共有、7,433回のコメント、13,487回の「いいね」を記録した。7月2日から三つのラジオ放送で今回のCLFのみことばを再放送している。

牧会者の証と救われた参加者の証を紹介する。

CLFのみことばを聞いているハイチの参加者たちの様子

ピエル・ロラン・フィリップ牧師(Pierre Roland PHILIPPE)-ハイチ・キリスト教協会副会長、デルマキリスト教協会会長

ピエル・ロラン・フィリップ牧師(Pierre Roland PHILIPPE)-ハイチ・キリスト教協会副会長、デルマキリスト教協会会長

私は2019年にニューヨークのCLFに参加しました。始めは感じませんでしたが、みことばを聞けば聞くほど新鮮で驚きでした。罪の赦しについての正確なみことばを聞くことができたこの2週間にとても感謝しました。

そして今年、神が私に多くの職分をくださいました。ハイチ・キリスト教協会の副会長という職分と、デルマ市キリスト教協会の会長という職分を与えられました。そして新型コロナウイルスによって国が大変な状況に見舞われていたとき、インターネットでCLFを開催するということを聞きました。神が私にこのような職分をくださった理由は、CLFにハイチの多くの牧師たちを参加させるためだと思いました。

ハイチは今教会で礼拝をすることができません。しかし、神がCLFを通して新しい方法で福音を伝えるのだという気がしました。ハイチの宣教師と一緒にCLFを準備することが感謝で、これは神の意だと思いました。私も職場があるのでみことばをすべて聞くことはできませんでしたが、パク・オクス牧師のみことばを聞いて、以前聞いた福音が、私の心により鮮明になり、このみことばがハイチの牧師たちに伝われば、多くの牧師がパク牧師のように信仰と希望を持って生きられると思っています。

そして地方の牧師たち、特にインターネットの事情により今回のCLFへの参加が難しかった牧師たちにこのみことばが聞けるように準備しようと思っています。CLFに感謝し、ハイチのすべての人々がこの福音を聞けることを祈ります。

デリサン・イボナ牧師(Rév Délissaint Yvona)- 新福音エルサレム教会

デリサン・イボナ牧師(Rév Délissaint Yvona)- 新福音エルサレム教会

私は今回グッドニュース宣教会を初めて知りました。去る2月、初めて宣教師に会ってニューヨークCLFの話を聞いて3月に参加しようと準備しましたが、コロナウイルスのため参加することができませんでした。

今回、インターネットでCLFを開催するというニュースを聞いて、周りの勧めで参加するようになりました。私は40年間牧会をしました。多くの困難もあったが信仰で生きてきたと思いました。

ところで、今回のみことばを聞いて、信仰とは何なのか、神の心とは何なのかについて学ぶことができました。

CLFで伝えられるみことばは驚きでした。特に、ヨハネの福音書2章のみことばに私の心が打たれました。「私の考えを捨ててイエスのみことばに従う人生」結局、聖書で話す私を発見し、みことばを信じる信仰、それこそが私を変えて希望を与えるものでした。私は熱心にすることが信仰だと思っていたが、そうではなく、みことばだけを信じることが真の信仰であるということを知ることができました。そしてイエスが私のために成したすべてのものを信じることが真の信仰であることも知りました。

コリント人への手紙第一6章11節のみことばに感謝しました。神が私のすべての罪を赦し、そのすべてがイエスによるものだということがとても嬉しくて、私が神だけを頼るように導いてくださることに感謝します。まだコロナウイルスによって教会で礼拝をすることができませんが、個人的に交流しながら私が聞いたこのみことばを聖徒たちと交わしたいです。招待してくださって感謝します。

テランシ・ルディ牧師(Thérancy Roody)- オカイ・シャローム福音教会

テランシ·ルディ牧師(Thérancy Roody) - オカイ·シャロ福音教会

神の恵みでCLFを参加できて感謝します。イエスが私を罪から自由にさせ、義と認めてくださいました。イエスが私を新しくし、私の昔の心を捨てるようにし、イエスの心と接ぎ木してくださいました。この福音は私が義人であることに気付かせました。イエスに感謝をささげます。

ディエソン・ジュロー(Diemson Julo)

ディエソン・ジュロ(Diemson Julo)

今回のCLFに参加しながら、私たちが接ぎ木を受けた実であるということを知りました。 神はイエスの血で私を義と認め、私をその方に接ぎ木してくださいました。イエスと接ぎ木されたことで、私のすべての罪は一度で永遠に贖われました。いつも罪の呵責を持って生きていた私が、神の恵みで、結局私の考えが間違っていることを発見できました。私は今日、真の福音を聞きました。ヨハネの福音書1章29節を通して、私のすべての罪がイエスに渡った事実を知りました。私は永遠に義と認められ、完全なものになりました。今回、CLFをご参加できるように機会をくださった神に感謝いたします。

レオネル・メリリュー

 

レオネル・メリリュ(Leonel Merilus)

こんにちは。私はブラジルに住んでいるLeonel Merilusと申します。今回、神の恵みでCLFに参加することができました。みことばを聞きながら新しいものを発見するようになりました。申命記22章とルカの福音書5章のみことばを聞きながら、神が私のすべての罪を赦したということがはっきりわかりました。私は今まで罪に溺れて生きていましたが、イエスはご自身の血で私のすべての罪を赦してくださいました。驚くべき福音を伝えてくださったパク・オクス牧師とCLFに感謝いたします。

ボルシー・ドレアン(Volcy Dorléan)

ボルシ・ドレアン(Volcy Dorléan)

私は自分の魂が変化したことを感じます。今日私は何も話すことができませんでした。パク牧師がイエス・キリストの血で私の罪が洗われたというみことばを伝えられたとき、私は生まれ変わったことを悟りました。私は、私の人生でイエスがご自身の血で私を自由にしてくださったということが私にとって一番大きな贈り物だと信じます。今日、私はそのキリストが流した血が無駄ではなかったことを知りました。この会議に参加するように紹介してくれたAmbroise牧師に感謝します。

ジュードソン・ラフレー(Judeson LAFLEUR)

ジュドソン・ラフレー(Judeson LAFLEUR)

私は今回のCLFを通して、義と認められました。ヘブル人への手紙10章14節のみことばを通して、永遠に全うしてくださった神を発見しました。私はこのみことばを聞くまでは毎日罪を赦してくださいと祈っていました。しかし今日、ローマ人への手紙3章24節のように、私は義と認められ、聖なるものとされました。イエスによって私は義と認められたのです。そして多くの牧師たちのみことばを聞きながら、嬉しくて幸せでした。尊いみことばを聞くことができて感謝いたします。

CLFオンラインカンファレンスを通して、全世界のクリスチャンに聖書に戻ろうという確かなみことばが伝えられた。みことばを聞いて感謝の証を送ってくる多くの牧師たちの話が私たちをとても幸せにしてくれた。ハイチ教会はハイチ・キリスト教牧会者協会とともに全国CLFツアーを準備している。インターネットの事情によって今回のCLFに接続できなかった地方の多くの牧師たちのために、ノートパソコンに映像を入れてこのみことばが聞けるように準備している。オンラインCLFは終わったが、ハイチではオフラインで多くの人に福音が伝わることを期待する。