CLF ニュース

「東部アフリカ」CLFオンラインワールドカンファレンス、東部アフリカの地域の反応

投稿者
web_news
投稿日
2020-07-15 22:00
閲覧数
83
全世界のキリスト教のリーダたちを神の前に導いたオンラインCLF、今回は6月25日から27日まで行われた。東部アフリカ7ケ国に福音を伝える貴重な時間となった。東部アフリカの聖徒たちは、テレビ、ラジオ、ユーチューブ、フェイスブックなど既存メディアとインターネットSNSを問わず多様な方法でCLFを広報した。

他の大陸と比べて電気とインターネットのインフラが遅れているアフリカですが、現地のクリスチャンのリーダーたちは、オンライン説教に熱い反応を見せた。奥深い田舎でも御言葉を聞くために三々五々テレビやコンピューターの前に集まった。

 

フェリックス・ムトア 牧師|ケニア 変化の人生の教会

新型コロナウイルス(COVID−19)の流行で東アフリカのほとんどの国は、教会の集いが禁じられた。日曜日の礼拝をささげることのできない初の事態でクリスチャンたちは御言葉に渇き、こんなときに予備としてオンラインCLFは、社会各層の真実なクリスチャンたちを神の前に集めた。

 

ディナー・ムウィンジ 博士|(元)ケニア 教育部次官|(現)神の聖会 神学大学総長

 

モパト・ジョセフ・キルリオバー ビショップ|ケニア 五旬節 教団 (元)総裁

 

東部アフリカの7ヶ所のTV放送局2千6百万人、ラジオ12ケ所で1千1百6十万人、総人数3千7百6十万人の視聴者に御言葉が伝えられた。またユーチューブとフェイスブックなどソーシャルメディアでは12万人を超える照会数が記録され、御言葉に対するコメントが1万回を超えるほど熱い反応があった。福音を悟り、救いを受けたという証がたくさんあった。

 

デビッド・ワイリア 牧師|ケニア 勝利の世界

教会
苦しいときこそもっと力強く伝えたCLFの御言葉は、新型コロナウイルス(COVID-19)で落ち込んでいた東部アフリカのクリスチャンたちの心に力を吹き入れ、彼らは真理の福音を伝えたいという思いで膨らんでいる。


 

フェリックス・ムトア 牧師|ケニア 変化の人生の教会

 

東部アフリカのクリスチャンたちが新型コロナウイルス(COVID-19)という苦しみを乗り越え、神の前にもっと近づけるようにしてくれたオンラインCLFだった。