CLF ニュース

「ヨーロッパ」ワオ!ワールドキャンプ『知恵の世界について学ぶ』

投稿者
web_news
投稿日
2020-08-06 10:37
閲覧数
119


 

『知恵の世界』ワールドキャンプ(「W.O.W-World of Wisdom」 World Camp!)!先月の7月30日から3日間行われたヨーロッパC-YAオンラインワールドキャンプ(C-YA Online World Camp)は8月1日にその幕を下ろした。ワールドキャンプを準備するためにヨーロッパの青年のみならず全ヨーロッパの会員が共にした。『三人のおバカプロジェクト』と称してヨーロッパの聖徒皆が3人以上の人を招待するほか、各クラスの教師は自分の担当するクラスに新しい学生を10人参加させるための広報も進めた。さまざまな広報でヨーロッパだけでなく中東、アジア、南米、アメリカなど5大陸40ヵ国から計1千人の参加者が参加した。そしてヨーロッパでのみ見られる由緒あるキリスト教の歴史の跡地と美しい観光地を背景に行われた多彩なプログラムが参加者の心を掴んだ。

 


ヨーロッパのワールドキャンプのポスター

 


司会をする青年学生たち

 


プログラムに参加している参加者たち

 


祝辞とお祈りをしてくれたCLFヨーロッパの牧会者たち

 

ゲストスピーカー



今回のキャンプはイギリス、ハンガリーなどヨーロッパだけでなく、インド、アメリカなど世界の各国から招待されたキリスト教のリーダーたちが場を盛り上げた。講演はインドのタミーハンダ-ソン宣教師の証、ハンガリーのTED講師Donnat Hamarリーダーシップ講演、イギリスのスポルジョン大学のThomas Breimaier教授のチャールズ・スポルジョンの生涯についての講演、アメリカのHouse of Davidの代表牧師であるEric Michael Teitelman及びLAのチェ・ヨハン宣教師の証など、さまざまな背景を持ったキリスト教指導者らの生々しい話で満たされた。イエスの力に出逢った講師たちの心に満ちている感謝と喜びは学生たちの顔にも微笑みを与えた。

 

 

仮想イスラエル聖地巡礼



ヨーロッパキャンプが開幕する前から世界中から関心を集めたプログラムがある。それはイスラエル現地で直接撮影、製作した仮想イスラエル聖地巡礼プログラムだった。高い完成度と深い聖書の解釈が加わったドキュメンタリーはロトの妻が塩の柱になったソドム、ペテロが魚を取っていたゲネサレ、イエスのお墓及びアブラハムが星を見たネゲブ砂漠など聖書と写真だけで接してきた聖書の中の場所を実際の映像を通して見て、聖書で言うその場所の意味を聴くことができた。

そしてキャンプ参加者のフィードバッグの時間にはイスラエルだけでなくルーマニア、スペイン、エジプト、コロンビアなどからの参加者たちは口をそろえて仮想イスラエル聖地巡礼を通してイエスの生涯と私たちの罪のために流されたその血が心の中に感銘を与えたと話した。

 

仮想イスラエル聖地巡礼の参加者インタビュー



クリスティーナ/ルーマニア
イエスが亡くなる時に私たちも一緒に死んだという話は聞きましたが実際見て、私の心に大きな感動になりました。

アレキサンドラ/スペイン
イエスがいた場所を直接見ることができましたが、本当に素晴らしい場面でした。聖書を読みながらではその時代がどうだったのか想像しにくかったですが、聖地巡礼で直接見て想像しやすかったです。本当に驚きました。このような機会を与えて下さって感謝します。

アガピ/エジプト
自分がオリブ山に登っているような気分で、エイスになった感じがしました。そしてこのイベントに参加したのは初めてですが、本当に感謝です。

アンゼリカ/フィンランド
イスラエルについて怖い話ばかり聞いてきましたが、今日ポジティブな話が聞けて本当に良かったです。エルサレムでどんなことが起きたかを聞きながらイスラエルを今すぐ旅行したいと思いました。

 

 

キリスト教の足跡を探して



今日、私たちがキリストを信じる人生を生きられるのは過去のキリスト教徒たちの犠牲があったためである。今回のプログラムはチャールズ・スポルジョン、マルティン・ルターのような聖書の歴史を受け継いだ指導者たちの話が聞ける時間だった。特にマルティン・ルターの話は参加者の心に火を付けた。『私の良心は神のみことばに捉えられています。私はその良心を捨てません』マルティン・ルターは矛盾に陥った教皇に、ローマカトリックにみことばを明かし、その時代の誤った宗教のために戦った。そして今、その精神は私たちの心にさらに熱く記憶され、私たちは彼の足跡を追って足を踏み出す。

 

 

ヨーロッパ探訪(Zoom into Europe)



『ヨーロッパ探訪(Zoom into Europe)』はヨーロッパの名所を直接訪ね、そこにまつわる話を通して隠されているマインドを調べるプログラムだった。ヨーロッパの青年たちはプログラムの映像撮影のためにキャンプの前に直接イタリア、スイス、フランス、ポルトガルの文化遺産を訪問し、撮影しながら、ワールドキャンプでのみ味わえる意味のある時間を準備した。

参加者たちは名所の中でイタリアのピサの斜塔の話を聞きながら、自分の弱さをまわりの人に話し、受け入れられる心を学ぶ時間を持った。また問題の前で勇士として信義を守った先祖たちの犠牲によって強大国になったスイスの事例を通して、問題を乗り越えるマインドを学んだ。

 

 

仮想アバターツアー(Virtual Avatar Tour)








オンラインヨーロッパツアーの時間。仮想アバターツアーはポルトガル、フランス、ドイツ、ハンガリー、スペイン、トルコなど誰でも一度は行ってみたいところをガイドと一緒に間接旅行するプログラムだった。各国のヨーロッパ青年たちは参加者たちのアバターとなってその国の観光地に行ってその首の文化を紹介しながら参加者にリアルに伝えた。参加者たちは各国を旅行しながら観光地にまつわる話も聞いて、アバターたちと交流もして意味のある時間を過ごした。

 

 

聖書クイズ大会(Know Your Bible)



 

聖書クイズ大会(Know Your Bible)は参加者たちが直接Kahootというアプリを通じてリアルタイムで直接参加できるプログラムだった。参加者たちはキャンプの間聞いたみことばと講演、各プログラムと聖書の知識をもとに問題を解きながら争った。問題を解きながら聞いた講演をもう一度考え、心に刻む時間を送った。

 


閉幕式でインタビュー中の学生たち

 


参加者たち

 

多彩なプログラムと参加者たちの交流で楽しかったオンラインワールドキャンプは8月1日の閉幕式でその幕を下ろした。パンデミックによって世界的に大変な時間を送っていて、直接会うことはできない状況だったけれど、オンラインという新しい道は私たちをより広い世界に会わせた。参加者たちはイエスが与えた真の幸せを味わい、真の知恵の世界を学ぶことができた。ヨーロッパではこのキャンプを通して出逢った参加者たちと持続的に交流し、心の世界を導こうと思っている。神の導きに感謝と希望を感じている。

 

 

参加者インタビュー

イマヌエル/イスラエル
私は一度も神と近いと感じたことがありません。しかしみことばを聴きながら今まで理解できなかった多くの部分を学ぶことができました。そして私の罪が赦され、義人になったことに確信が持てました。それから私は本当に内向的な性格ですが、同じクラスにいた学生たちと先生が勇気をもって心を開いて話ができるように私を引っ張ってくれて感謝でした。私の人生で一番幸せな時間でした。

カロラ/スペイン
今回のキャンプは本当に素晴らしかったです。以前は知らなかった文化を学べて、イエスが私の罪を赦して下さったことも知りました。ワールドキャンプに参加したのは今回が初めてで、ほかのキャンプと同じじゃないかなと思っていましたが、充実したプログラムで驚きました。次のキャンプとC-YAのほかの活動にも参加してみたいです。ワールドキャンプで感じたことは私にとって特別で、周りの人にもたくさん話したいです。

レティシア/フランス
私は教会に通っていていつもお祈りをしていましたので神とつながっていると思っていました。しかし8月1日に救われて私は神とまったく関係のない生活を送っていたとわかりました。救われたのは私にとって大きな喜びです。心に平安がきて、罪を赦され神の愛を感じられました。霊的に新しい命をいただきました。キャンプ期間中ほかの予定がありましたが、いとこのクリステルの招待で一緒に参加し、これが神の大きな恵みでした。今の私は神に自由に話せます。以前は神に何か話すのは気を使うし、躊躇いがありました。しかし、救われた後は神が私に許した恵みについて自負心を持って堂々と話せます。続けてお祈りと神を学ぶ道を歩みたいです。兄弟姉妹たちとの交わりも続けたいです。

アナマリア/マケドニア
キャンプに参加する前に私の心には強い暗闇がありました。誰も信じれず、私と親しくなりたい友達もいないと思いながら生きていました。私は幼いけれど、心の荷を背負っていました。しかしキャンプに参加し神がどのようなことを成し遂げられたのか、私たちのためにどれほど犠牲したのかを見ました。私は罪人でしたがイエスが私の罪を洗ってくださったことを悟りました。そして全ての人を義人になさったことも知りました。パク牧師のみことばとワールドキャンプへの参加で人生の本当の目的を知ることができ本当に感謝します。

テオドラ/ルーマニア
ワールドキャンプに参加し神の世界についてより深く見ることができ、知恵の世界に足を踏み入れることができました。キャンプの間、パク牧師に会い、みことばを聴くことが私にとっては一番良かったです。キャンプ期間中聞いたみことばの中で最も心に残る話は『神を信じなさい』でした。神を信じれば全てが可能で、神は私たちが何でも乗り越えられるように力を与えます。キャンプを通して自分の信仰生活について考えてみて、神の前に近づくことができて感謝します。

ヘナ/フィンランド
キャンプの全てのプログラムに参加できなかったので少し残念ではありますが、私が参加したプログラムは本当に良かったです。そしてプログラムを進行している方々が本当に格好良く見えました。キャンプを通して同じ関心事を持っている人たちに会って、共にできて幸せでした。

アルソナ/アルバニア
キャンプに参加したのが偶然のように見えましたが、3日間はパンデミックの中で一番美しかった時間でした。キャンプの間、私は新しいことを学び、新しい友達とも会えました。