CLF ニュース

「オセアニア」オセアニアの牧会者たちのCOME BACK TO THE BIBLE

投稿者
web_news
投稿日
2020-06-30 00:52
閲覧数
191
2020 CLFオンラインワールドカンファレンスオセアニア地域の知らせ
オンラインを通して御言葉の中で1つになったオーストラリア、ニュージーランド、南太平洋の島国の牧会者たち

全世界のキリスト教指導者たちが集まり、聖書の御言葉を共に聞き、正確な信仰と牧会の方向を見つけた「CLFオンラインワールドカンファレンス」が6月25日からアメリカを中心に行われた。オセアニア支部は、オーストラリアを中心にニュージーランド及び南太平洋の島国と共に29日からCLFワールドカンファレンスが続いている。


ZOOMを通して集まったオーストラリア、ニュージーランド、フィジー、キリバス、バヌアツの牧会者たち

オーストラリア
新型コロナウイルスの発症後、オセアニア周辺の島国は劣悪な医療施設と技術でコロナのようなウイルスに早い対応ができず、国境を封鎖して全ての交流を遮断した。オーストラリアも学校が休みとなり、ほとんどの人が家で孤立され、ソーシャルディスタンスが日常となった。強力な隔離と失業問題によってオーストラリア国民のうつ病は更に増加して多くの人々が不安を感じている現実の中で、虚しくなったオーストラリア人に「ただ聖書を中心に真の福音と正しい信仰に戻ろう」をモットーとしたCLFは、社会的に注目を浴びるきっかけとなった。

パク・オクス牧師のオンライン聖書セミナーを通して繋がった「Brisbane Indian Times」新聞社は、フェイスブックとラジオ放送を通してオセアニア地域で行われるCLFオンラインワールドカンファレンスを紹介した。


パク・オクス牧師のオンライン聖書セミナー記事


25日に行われたBrisbane Indian Times新聞社とのインタビュー

6月29日、本格的にCLFオンラインワールドカンファレンスがオセアニア地域で初日を迎え開かれた。オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、バヌアツ、キリバスなどの全ての島国の牧会者たちがオンラインを通して会い、神の御言葉を聞いている姿がZOOMの画面に映るのを見て、オーストラリアの兄弟姉妹たちは喜びを隠せなかった。フィジーメソジスト教会団体の総裁であるエピネリ牧師の歓迎祝辞をはじめ、全身に癌が広がり、信仰によって癌に勝ったチェ・スヒョン姉妹の証を聞いて深く感動し、美しいグラシアス合唱団の合唱の後に伝えられたパク・オクス牧師の御言葉は、見ている人の心に望みと喜びを与えた。

デニス・チュオ張魯/オーストラリア・ブリスベン Southside International Church
教役と祈りについてすっきりした御言葉です!そうです。麻薬やパソコンゲームを止めなさいと言うよりも、学生たちの心に、まず希望と喜びを入れてから興味をなくすようにするのが正解です。まるでまくわうりが根から切られて太くて強いカボチャの根と繋がるように、神は私たちの人生を神と繋げて生まれ変わるようにさせて本当に感謝します。

トリシア・オリ
このような団体に属されたことが本当に嬉しいです。交わりができるように導いた神に賛美します。御国から来た御言葉が私を感動させました。オーストラリアの牧会者たちだけでなく、フィジー、バヌアツ、キリバスの牧会者たちはインタビューを通して、このような御言葉は聞いたことがなく今日の御言葉が自分を罪から自由にさせたと証した。初日のプログラムが終わり、御言葉を聞いて信仰の世界を正確に学ぶことができたと証をする参加者がいた。その証を紹介する。

フィジー
新型コロナウイルスにより20人までと制限された外部の公式行事の集いの規模が、今回のオンラインCLF直前に100人が集まれるように政府の規制が緩和された。少ないスマートフォン使用者と遅いインターネット、高いネットデータ費用などの劣悪な条件のせいで多くの人々が参加できない状況だったが、スバ市民会館にメソジスト教会を含む他の教会団体の牧会者100余りの人々を集め、オンラインCLFを行うことにした。


登録のために並んでいるフィジー教会団体の牧会者たち


パク・オクス牧師の御言葉を聞いている牧会者たち


Leba Halofakiウェスリー教会の秘書

Leba Halofaki
私は結末を聞いて涙を流しました。説教は完全に新しい経験でした。そして、牧師が証明してくれたまくわうりをカボチャの根に接ぎ木する方法は、私たちが自分の思いを切り捨て、イエスの根に接ぎ木されるのを見せようとしました。
イエスはもっと強い根を持っておられ、私たちはそのイエスの根に接ぎ木されたのです。そして、その御言葉は、ヨハネの福音書2章にマリアがしもべに『言われた通りにしなさい』と言ったとき、御言葉がブドウ酒に変わる御言葉に基づいたものでした。イエスが私たちに向かって何を言っても私はただ、そのままするだけです。
救いが狙いでした。イエスがニコデモに新しく生まれ変わりなさいと言われたとき、彼にはそれが理解できませんでした。そしてイエスは彼に『人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません』と告げました。私はいつも罪人になる人なのに、パク牧師の御言葉で『イエスの中で私たちは義と認められました。なぜなら、イエスが私を義人であると言って私が清められたと言ったからです。』
私はただそれを信じます。それが私の思いではなく、神のみこころであるからです。私の思いでは私は罪人であり、悪な人です。しかしイエスは『あなたは義と認められた。だからあなたは義人である。あなたは清められた』と言われました。私はその御言葉を信じます。「もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです」。それが真の救いです。

 

Manasa 牧師

Manasa 牧師
今日の御言葉は本当に理解しやすいものでした。私は今朝の集いの時間に聞いた神の御言葉に本当に頼っています。そして、パク・オクス牧師が今日伝えた御言葉を見てみると、まくわうりとカボチャのたとえ話はとても単純でした。私は神の御言葉を理解しやすく説教する牧師の話し方が本当に好きです。ヨハネの福音書2章1~9節は、カナンの婚礼場でイエスが水をブドウ酒に変える話ですが、この話をカボチャとまくわうりの話に例えられ、とても興味深い話でした。そしてこの御言葉は私が罪の赦しを理解するのに役立ちました。私たちの思いを切ってイエスのみこころを受け入れること、これはとても簡単なことです。私はどのようにしてカボチャまくわうりが救われるのかを学ぶことができて、本当に祝福を受けたと思います。この御言葉は私がどのようにして救われるのかを、とても簡単に理解できるようにしてくれました。
あなたの思いに従わないでください。そして、救われるためにあなたの思いを捨ててあなたをイエスの心と繋げてください。私は今朝、この集いに来て神の御言葉についてたくさん聞けるようになって本当に祝福を受けました。

 

Moce Biudole 牧師

Moce Biudole 牧師
まず、私の人生において、この集いに私を参加させた神に感謝したいです。
はい!そうです。私たちはたくさんの新しいことを学びました。その御言葉はとても単純でした。特に、私たちの信仰生活について学んだ事、そして私たちが牧会者として教役している信仰に関する養育、救い、自白、これらはみんな新しいものでしたが、聖書に関する古いものです。しかし、私たちがそれらを毎日学ぶとき、それらは新しいです。 
私は、私たちが今日学んだものが、とても良いものだと信じます。長い間、私たちは罪人だと自白してきました。しかし、今日の講演で聞いた証は私たちをとても感動させるものでした。特に私には感動的でした。私たちは今日たくさん学びました。長い間、私は罪人だと証しました。しかし、私たちは神によって義人です。イエスはすでに私たちの罪のゆえ、亡くなられました。それは本当に興味深く、大事なことです。

 

Samisoni Seru牧師

Samisoni Seru牧師
私がこの会議に参加でき、神に本当に感謝します。今日私たちが聞いた御言葉は、私が今まで悩んでいたことについての話でした。私は神に悩みを祈っていた最中でした。本当に心が落ち着かず、昨夜は眠れませんでした。なぜなら、神が私におっしゃることに対して悩んでいたからです。私は今日、私の全ての疑問についての答えを得ることができて感謝しました。
本当に感謝し、これからもこのような集いが続くことを願います。私はこの宣教会がずっと祝福されることを祈ります。神が皆さんといつも共におられることを願います。感謝します。

 

フィジーメソジスト教会放送局に生放送中の管理者

キリバス
CLFカンファレンスを前にしてグッドニュース・キリバス教会では、昨年2月に韓国で開かれたCLF最高牧会者過程に参加し、救われたキリバス・キリスト教団体の会長、バラニテ・ギラタ牧師とキリバス・キリスト教団体の指導部と共にカンファレンスを準備した。6月29日にイタ地域にあるキリバス・キリスト教団体の教会にタラワ島の牧会者たちと教会を指導している張魯、執事など30人が参加した。


御言葉を傾聴している牧会者たち

 

Urima Baueti Takarebu

Urima Baueti Takarebu 牧師/KGV&EBS高等学校(キリバス国立名門高校)学校牧師
私はKGV&EBS高校で牧師として働いているUrima Baueti Takarebu牧師(57)です。今日、パク・オクス牧師が伝えた御言葉は私の心に大きな感動を与えました。今日牧師の御言葉を聞いて私は、10年以上も牧師として働いてきたが、私は本当に軟弱な人であり、人をイエスの弟子として造るためには私がまずはっきりと救われなければならないという事実を悟りました。何より今日の御言葉を聞いて、私はもう罪人ではなくイエスの血が私を既に清められ、義と認められた事実を信じるようになりました。また、牧師の御言葉を通して私たちは全うされ、成功する牧会者になれる道を発見することができました。もう一度、パク・オクス牧師に感謝します。

 

Tom Awira

Tom Awira元老執事
私は今年70歳、47年間にわたりキリバス・キリスト教団体で執事として働いてきたTom Awira(70)です。まず、神は私がパク・オクス牧師からこの福音を聞くことができるように、今まで命を与え導き、恵みを施してくれたことに感謝します。私は個人的にとても保守的な人で、私たちの教会が他の教会から何かを受け入れることに対して大きく拒否する人でした。しかし、今日CLFカンファレンスに参加して私が本当に間違っていたと分かりました。なぜ、私たちの教会を導いているバラニテ牧師が韓国で開かれたCLFに参加した後、私たちの教会を変化させようとしたのかが分かりました。
今日の午後にパク・オクス牧師から聞いた献酌官長と調理官長に関する御言葉は、私が23歳で執事として立てられ聖書を読み続けてきても全く理解できなかった御言葉でした。しかしパク・オクス牧師は、その話の中に隠されている救いの秘密をとてもやさしく正確に説明し、私が今まで調理官長のように自分の行いに頼って神の前に行こうとしたことを悟らせてくださいました。私たちの罪を贖うことができるのはイエスの血しかなく、私たちの全ての罪はすでに十字架の血で完璧に贖い、義と認められたと話された牧師の御言葉が、私を罪から完全に開放させ、私の心は今、とても平安で感謝します。
牧師の御言葉を聞いて牧師はこの時代の使徒パウロのような方であると思い、パウロがこの時代に生きて御言葉を伝えているようでした。今の私の望みと祈りは今日聞いた御言葉を家族にどう伝えるかです。これからの残り2日間の集会がとても楽しみで、このようなプログラムを準備してくれたパク・オクス牧師とCLF牧会者たちに真に感謝します。

ニュージーランド
6月29日午前10時から行事は始まった。天に穴が開いたように雨が降り注ぐ天候であったが、2人の牧師と一組の張魯夫妻が参加した。参加者はトゥバル教会のスアマリ牧師、ワーシップセンターのニュージーランドの地域長であるレオリ牧師、そしてワーシップセンターの張魯夫妻である。


主題発表中のトゥバル教会団体のスアマリ牧師


御言葉を聞いているワーシップセンターニュージーランド支部長牧師


初日の行事の後の団体写真

 

バヌアツ
2020 CLFオンラインワールドカンファレンスにバヌアツ・キリスト教指導者たちが、1人2人と入ってきた。カンファレンスの部屋に集まった10人のキリスト教指導者は、パク・オクス牧師の午前の御言葉、そして続いてキム・ジンソン牧師の青少年の教役、パク・ヨングク牧師の幕屋講演に続き、パク・オクス牧師の夜の説教まで心を尽くして傾聴した。

チェ・スヒョン姉妹の感動的な証を聞いて心を開いた牧会者たちは、パク・オクス牧師の説教を聞いて深く共感した。まくわうりの枝が切られてカボチャに繋がれば、カボチャの栄養を受けて大きな実を結ぶように、私たちが切られてイエスに接ぎ木され、義と認められるのを救いだとパク・オクス牧師は、分かりやすく説明した。牧会者たちはアーメンと言って御言葉を受け入れた。

 


御言葉を傾聴している牧会者たち


 

ルル牧師

ルル牧師/Faith Mission Fellowship バプテスマ教会会長
CLFに参加できてとても感謝します。パク牧師の御言葉は私にとって大きな力となりました。御言葉を通して神から罪の赦しを受け、私はもう自分は義人だと心から信じます。私は義人だと言う事実がとても嬉しいです。バヌアツの全ての人に私が義と認められたことを証すつもりです。私の全ての罪がなくなりました。私はもう罪から自由です。この世に向かってハレルヤを叫びます。人々に神が私たちの罪を贖って義と認められたことを証すつもりです。感謝します。

 

ベティオ・アルバト

ベティオ・アルバト/United Pentecostal Church説教者
私を招待してくれて感謝します。今日、御言葉を聞いてとても祝福を受けました。イエスが十字架で亡くなられた時、私たちの罪に対する価を払いました。私たちはもはやサタンの子ではありません。私たちは血の価によって贖われました。そのイエスの血は一時的なものではなく、永遠な贖いです。イエスの血によって罪が贖われたのにもかかわらず罪人だと信じているなら、考え直した方がいいです。私たちは義と認められ、聖なる者となりました。もう私も聖なる者だと言えます。私はこれ以上罪人ではなく、イエスの血によって救われました。私は神の聖なる子です。